米丸まき子のMYWILL

米丸まき子

米丸まき子の志

政治家になりたい。 その志が私の心に芽生えたのは12歳の時です。 当時、テレビ番組で盛んに、アフリカで飢餓に苦しむ子供たちの映像が流れていました。「なぜ世の中には、食べるものに困って涙を流す人がいるのだろう……」。私は幼いながら、どうしたらこの子たちの笑顔を取り戻すことができるのだろうと、悶々と考えました。 そんなある日、私は二人の女性のことを知りました。 ひとりはマザー・テレサ。もうひとりが英国初の女性首相マーガレット・サッチャーでした。

マザー・テレサは 「この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです」 とおっしゃっていました。私はこの言葉を聞いた時、現実の世界で見えている物の奥に、もっと深い意味が隠されている。その根本を解決しないと何も変わらない、ということを知りました。

そして、マーガレット・サッチャー。彼女が残した功績は賛否両論ありますが、彼女のこの発言は私の心を捉えました。「人間は自分だけの幸せを考えて生きてはいけない。我々は皆、同じ船に乗っています。この船に乗ってる人々が、争いもなく幸せに生きていける様にするのが政治です。」

その時から、私のまわりの人々はもちろん、世の中のみんなをもっと笑顔にする。その一つの方法として、政治があるのではないかと考えるようになりました。

いつの日か政治家になり、社会に貢献したい。世の中の幸せを考えた、あの日から30数年。民間企業や海外でさまざまな経験を積み、公私にわたり多くの方々との出会いに支えられてきました。そして、政治家へのはじめての挑戦として、来春の県会議員選挙へのチャレンジを決意しました。 私は、「鹿児島を元気にしたい」と心から思っています。そのために、全力で動き、さまざまな人と壁を越えてつながり、人々に寄り添うことを約束します。 まだまだ、未熟者ではございますが、どうぞ私をみなさまのお役に立たせてください!